--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-09

フェアリーホワイトの正しい育て方

ちょっと元気がないフェアリー

昨日衝動買いして植え替えたフェアリーホワイト、今朝見てみたら少しうつむいているような・・・。慌ててお水をあげてみましたが、直射日光にやられてますますしょんぼりしてしまいました。。うーん。。ネットで調べてみると、植え方がぜんぜんなっていませんでしたのでここで正しい植え方と管理方法をメモしておきたいと思います。
植え方
・用土は酸性土を好むためピートモス(7割)と鹿沼土(3割)を混ぜたものを使用
・鉢からそっと抜き取り、根鉢を崩さないように植え替える
管理
・直射日光を好む
・鉢土の表面が乾いたらたっぷり、しおれてもすぐに回復。
・花が終わりに近づくと花が閉じる。花びらが黄色ぽくなったら花梗の付け根から切り取る。
・8月に入ったら各枝を5cm 程度切り戻す。花梗を切り取る程度でも強く選定しても問題なし。
・寒さには比較的強く、5℃の温度に十分耐える。直射日光の当たる窓辺に置けば冬でも開花。
・屋外は雨が当たると見苦しくなるので適さない。
(岐阜県農業技術センター 「フランネルフラワー「フェアリーホワイト」の楽しみ方」PDFより抜粋)

・・・根鉢は完膚無きまで崩してしまいました、しかも植え替えたあと水もあげてないので明らかな水切れ・・・しかも用土がアルカリに傾いてる可能性も(ノo`)アチャー・・・ひとまず北側の涼しい場所へ緊急避難させました。

フェアリー 緊急避難中やわらかな日差しが差し込む北側の窓辺。関係ないですが、このやわらかな光と正しい色合いを表現するのにかなり苦労しました。でもいい感じの写真が取れてかなり満足♪

おかげさまで少ししたら回復しましたが、この子は根ぐされしやすく蒸れ易く、それでいて水切れに弱いことが判明しました。難しい子ですね。しかも植え方がガンガン間違ってるし(笑)挑戦のしがいがあるってもんです!
とりあえず次のような管理で段階的に直射日光へ戻そうと思います。PHの調整は様子を見て必要なら行うようにします。
1.しばらく北側で管理
2.慣れてきたら薄めの液肥で栄養を与える
3.根がしっかりしてきたら明るめの場所へ移動させていく


直射日光にやられてしまったフェアリー直射日光でしょんぼり

少し元気になりました涼しくなってちょっと復活。ちなみに撮影場所は一階のトイレでございます。
スポンサーサイト

theme : ガーデニング
genre : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

初めまして♪
フェアリーホワイト、その後大丈夫でしたか?早く元気を取り戻すといいですね♪
私も今年初めて買って育てています。かわいいですよね~♪

Re: タイトルなし

りらさま
はじめまして!コメントどうもありがとうございます♪
フェアリーホワイト、お蔭様でなんとか持ち直しました。
りらさんも育てていらっしゃるのですね^^お部屋が優しい雰囲気になっていいですよね♪
プロフィール

miyuuuuu

Author:miyuuuuu
2009年11月に南関東に小さな家を建てました。最近アルバイトを始めました。大好きなガーデニングの時間を大切に、でも夢に向かってコツコツと。

このブログには植物の成長と日々の観察で気がついたことを綴っていこうと思います。また旅行記もアップしてあります。

自分の備忘録だけでなく訪問してくださった皆さんの役に立つブログとなることを願って★

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。